子供低身長の改善にサプリが最適|今日から始められ対策

子供低身長の改善にサプリが最適|今日から始められ対策

1 情報があふれる時代の育児

 

子育てなどの情報をいつでも得ることができる時代になって、とても便利な反面、
情報が多すぎて、何を信じていいのか解らなくなることもあると思います。

 

 

 

私も実際に出産、育児に臨む時、情報に振り回されないようにしようと思っていました。
特に育児については、母乳が出るなら絶対に母乳育児にしたいと考えていましたので、
母乳育児を推奨している産院を選びました。

 

 

 

理由は、以前テレビで粉ミルクメーカーの人が、
どんなミルクも母乳の免疫力にはかなわないと言っていたことと、何となくその事実を知っていて、
病気に負けない強い子に育てたいという気持ちを持っていました。

 

 

 

案の定、母乳も出てすくすく育ち、アレルギーもない健康的な子供に育ちました。
卒乳 についても、早く断乳した方がいいという実家の母親の考えに応じず、
子供の気が済むまで飲ませ、子供に任せるという形の卒乳にしました。

 

 

 

その事は後悔していませんが、
最近の情報では、粉ミルクもどんどん改良されて、栄養面では優れ、
どれだけ飲ませたかということも母乳と違って把握できます。

 

 

 

また、母乳だけでは足りてない場合もあるという事も、
今になってそうだったかもしれないと思います。最初からミルクを使うのではなくて、
少し大きくなった月齢の頃にミルクと混合でも良かったのかな、と思っています。

 

 

 

また、娘はあまり離乳食を食べなかった事もあり、小柄に育ちました。
そして、三歳児検診で「低身長」ともいわれました。今は小学生の高学年ですが、
やはり身長は低いままです。

 

 

小さくても体の強い子がいいと思っていた私は、
成長して自分の体が小さい事を気にしている娘をみてやはり心配になります。
こんな呑気な私でも低身長の子供の事を気にしているのですから、
子供さんの身長で悩まれる保護者様もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

情報の多い現代は、身長の標準など他と比較することが多いのではないでしょうか。

 

 

 

子供自身も周りと自分を比べて身長が低いから悩むのであって、
比較する対象がなければ、気に病むこともないと思います。
これは今の時代仕方のないことかもしれません。

 

 

 

2 低身長になる原因とは

 

低身長になってしまう原因とは、乳幼児期の栄養不足ではないでしょうか。

 

 

 

体の土台を作る重要な時期に栄養が足りになったため、
ある程度大きくなって、いくらたくさん食べてもなかなか土台の体が大きくならないのかもしれません。

 

 

 

例えていうと、入れ物となる容器、器が小さい状態のままという様なイメージです。
これは、勝手な個人的な考えですが、それ程乳幼児期が大切ではないかと思うのです。

 

 

 

 

また、遺伝や個人差も多少あると思います。
それとは逆に乳幼児期にミルクで栄養をたくさんとっても、
好き嫌いがひどく、あまり食べなくなると低身長になり得るのではないでしょうか。

 

 

 

いろんな原因があるとは思いますが、
今は背が高くなる栄養素や成分などが解明されて、
子供の成長期向けのサプリメントなども開発されていますので、絶望的ではありません。

 

 

 

 

 

 

3 身長が伸びる為に必要な栄養素

 

少し前までは子供は牛乳を飲めば大きくなる、
カルシウムをとれば身長が伸びると言われていましたが、
カルシウム以外にもいろんな栄養素が必要だと分かってきました。

 

 

 

基本的には栄養バランスですか、
特にタンパク質、マグネシウム、亜鉛も必要だと言われます。

 

 

 

タンパク質は、肉類、魚類、魚介類、卵など
マグネシウムは、ほうれん草、あおさ、アーモンドなど
亜鉛は、牡蠣、木綿豆腐、うなぎなど

 

 

 

それぞれの栄養素も大切ですが、お互いに作用しあって骨の成長を促しているので、
どの成分も重要ですし、他にも必要な栄養素があります。

 

 

 

サプリメントでは、不足しがちな栄養素をバランスよく配合し、
子供が口にするものですから、安全面も重要視されていると思われます。

 

 

 

サプリメントを取り入れる場合は、保護者様の目で原料や成分などを確認して、
納得されてからのご使用をおすすめします。

 

 

 

また、お子様が過剰摂取しないように、管理されて安全に使用していただきたいと思います。

 

 

 

それから、薬とは違いますので、すぐに身長が伸びるわけではなく、
食事、睡眠、運動の基本を習慣にしたうえで、しばらく続けて様子をみる事も大切かと思います。
体質に合わない場合は、すぐに使用を中止された方が良いかと思います。

 

 

 

 

4 背伸びをしよう

 

運動のなかでも、身長が伸びやすい動きがあるようです。
子供のころ無意識にやっていた背伸びです。特に寝る前、
起きた後、お風呂上りも良いそうです。

 

 

 

バレーボールの選手に背が高い人が多いのも、
体を伸ばす動きが多いからだといわれます。
鉄棒にぶら下がって遊ぶのも良いのでしょうか。

 

 

 

また、足首を使う運動で、縄跳びなど足首に刺激を与えることが、骨の発達に良いそうです。

 

 

 

ストレッチやジャンプも効果がありそうですね。大人になってからヨガをはじめて、
姿勢が良くなった事で身長が伸びた方もいらっしゃるようです。
ぜひ子供の習慣に取り入れたいと思います。

 

 

 

また、夏休み中は、わりと子供達の身長が伸びている気がします。
水泳など、活発な運動をして、お腹がすいて、たくさん食べて、
そして疲れてしっかり眠るという、子供らしい好循環ができているのかもしれません。

 

 

 

我が子もプールが好きなので、プール通いをしていた時は
いつもよりたくさん食事を摂って、ぐっすり寝ていて、
その間は少し身長の伸びも良かったような気がします。

 

 

 

日頃は特に運動をしていないので、就寝時間も遅くなりがちです。
悪い生活習慣も低身長に関係しているかもしれません。

 

 

 

子供のために、改善できるところは改善していき、サプリメントや運動など
良いものを取り入れて、子供と一緒に「大きくなったね」と喜びたいと思います。

 

 

 

子供の低身長という悩みも、ただ悩むだけでなく
成長期にしかできない努力をつづけて、すぐに身長が伸びなくても
コンプレックスを感じることなく、学校生活を楽しく送ってほしいと思います。

 

 

 

結果を急がずに、子供の一番の味方である親も一緒に努力をすることで、
子供はきっと前向きに捉えられると思います。

 

 

 

親は、できるだけ周囲と比べることなく、本人の成長だけ見て喜び、
サポートできればと思います。

 

 

 

まずは、簡単な背伸びを毎日させようかと考えています。